全記事表示リンク
タグリスト

プロフィール

wao

Author:wao
エロ小説/官能小説/エロ体験談/エッチな告白の紹介ブログです。
18歳未満の方、エロに興味のない方、の閲覧はご遠慮ください。
掲載記事はフィクションです。
掲載記事のまねをして犯罪等をしないようにお願いします。
掲載に不都合がある方はコメント欄に記載お願いします。

カウンター
最新コメント
広告

別れさせ屋に犯されて

俺は彼女持ちの26歳。仕事もプライベートも順風満帆だった。
今日は彼女とのデートの日。
いつも通りの駅前で待ち合わせなのだが・・・悲劇は突然訪れた。

複数の男性が私を取り押さえ、1台のワゴン車に連れ込まれてしまった。
俺は後部座席に放り込まれた。
その後、俺の両隣に20代と思われる女の子が2人座った。
俺を連れ込んだ男は運転席と助手席に座っている。
何やらお金の話をしているようだ。
一方、俺は右隣の女の子(ミカと呼ばれてた)にキスされていた。
左隣の女の子(カナと呼ばれてた)は俺の乳首とチンコをまさぐっている。
俺は少し興奮してしまった。
ミカに「舌出して」と言われたが、俺は従わなかった。

どうやら目的地に着いたようで車が止まった。
山奥の小屋のような所だ。
俺はここで一気に抵抗して逃げようと思ったが・・・
それよりも早く、女の子達に抑えられ、目隠しと手錠をされた。
最早身動きが取れない状態だ。
小屋に連れ込まれた後も俺は愛撫されまくった。

目隠しは外されたが、手錠は付けたままで、更に柱に縛られた状態だ。
カナに首筋や耳を舐められ、乳首も愛撫された。
ミカは俺のズボンを脱がせ、フェラしている。凄く、気持ちいい。
俺の息は荒く、はぁはぁ言っていた。
彼女とやる予定だったので抜いてない!やばい!もう出そう!!

しかしミカはフェラを中断し、俺のポケットから携帯が抜き取った。
そう言えば、彼女と待ち合わせてたんだった。
携帯のバイブがうんうん唸っている。

ミカがその着信に出る。
「もしもし~♪あたし、ミカ。」
「え?誰ですか?」
「俺君の新しい彼女の友達☆」
「おい!ふざけんな!!」俺は叫んだ!
それとほぼ同時にカナにキスされた。

さっきの寸止めの事もあり、興奮していた俺は舌を出していた。
凄く気持ちよかった。
キスが終わると、今度はカナが乳首を舐めながら玉付近を焦らすように触っている。
ミカは俺の彼女と色々話してるようだが、それに気を配る余裕は無かった。

「気持ちいい?我慢しないで声出しちゃっていいよ。」
俺は声を我慢していたが、つい我慢しきれなくなり、「あっ!!」と女っぽい声を出してしまった。
「気持ちいい?気持ちいいでしょ?ねえ、もっとして欲しかったらお願いして?でないともうやめちゃう」
イキたくてしょうがない俺はここで止められたくなかった。
ついに「お願いします」と言ってしまった。

「何をお願いするの?」
「イカせて下さい!お願いします!!」
カナは手コキを始めた。
段々と射精感が訪れるが、途中で動きを止める。
「え・・・?何で?」
「イキたい?」
「イキたいです!お願いします!やめないで下さい!!」
「じゃあ、私の事好きって言って。」
彼女がいる俺は少し躊躇したが、もうなりふり構っていられなかった。

「・・・好きです。」
「誰が?誰を?もっと大きな声で」
「俺はカナさんが好きです!!」
俺が叫ぶと同時にミカは受話器を俺の方に向けた。・・・やられた。
「今彼女と気持ちいい事してるんだ。もっと声聞かせてあげるね♪」
「うぅ!ああ!」カナは手コキを再開し、更に空いた手で乳首を愛撫。
「あぁん。俺君激しいわ!もっと!もっと!ああん!」
「マキ(俺の彼女)!違うんだ!これは・・・」と言おうとした時、間伐入れずキス。
そして、俺はついに昇天した。
チンコから精液が勢い良く飛び散る。
俺は放心状態で、がっくりとうなだれていた・・・。

その後、彼女から別れ話を切りだされたのは言うまでもないだろう。
あの時運転手だった男とミカ、カナは別れさせ屋の工作員だった。
助手席に座ってた男は依頼人で、俺から彼女を略奪する為に彼らに依頼していたのだった。
ただの工作員だったミカとカナとはその後音沙汰無し。
彼女と別れた俺は、一人寂しくオナニーに明け暮れている。
あの出来事をオカズにしながら。

関連記事

THEME:エッチな告白体験談 | GENRE:アダルト | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム






QRコード
QR
記事ランキング
広告